碧龍倶楽部
長男『凌』の少年サッカー記録用ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
散ってまた咲くなでしこの華♪
前回のMVP選手のして、過去3回のMVP獲得経験を持つ前回の優勝国『ドイツ』

世界屈指の強豪国を相手に、日本女子サッカー会の誇るなでしこ戦士達が素晴しい試合を見せてくれました。
試合には惜しくも負けてしまい、イングランド対アルゼンチンの試合結果により、なでしこジャパン女子ワールドカップ準々決勝出場の夢は儚く砕け散りましたが、彼女達が見せてくれた素晴しいパフォーマンスに、アタクシは大満足でございます。
まだ世界の大舞台で圧倒的な力を示す所までは及ばないとしても、スピードと俊敏性を重視したなでしこのサッカーが世界でも通用する事を証明して見せた試合ではなかったでしょうか?

北京オリンピックに向け、なでしこの若い選手達が、世界の舞台で悔し涙を流した経験も大きな成果だったのではないでしょうか?
ボロクソに負けても、総てを出しきった試合では、清々しさがあったりするもののようです。
それに比べ、総てを出しきれなかったり、ミスがあったりすると泣いたりするようです。
しかし、昨日のなでしこジャパンの試合を見ている限り、総てを出し来り尚且つ、高みを目指して現状に満足する事のないあくなき挑戦者の魂が瞳から溢れだして来ているように、アタクシには見えたのです。
なでしこの選手の中でも、若い選手ほど悔しがっていたように思います。 
自分の可能性を信じ、更なる飛躍を目指す者だからこそ流す泪がそこにはあったのです。
だからこそ、アタクシは北京に向けてなでしこジャパンの選手達の劇的な成長が期待できるのではないかと思うのでございます。

さて、負けたとは言え素晴しい内容の試合を見せてくれたなでしこジャパンの昨日のMVPは、キーパーの福元美穂だと思いますが、皆さんは如何でしょうか?
幾度にも及ぶスーパーセーブは、新しいなでしこの夜明けを感じるに十分な内容でした。
あのスーパーセーブがなければ、少なくともあと3点は取られていた事は間違いありません。
更に、右サイドバックの近賀ゆかり選手の熱い気持ちが伝わってくるようなプレーには感動を覚えました。
試合終了後、目に泪を浮かべて悔しがる永里優季選手に、次への期待が大きく膨らみました。
澤選手の運動量と、強いメンタルにも素直な驚きと感動を覚えました。

北京オリンピックに向けて、今後のなでしこジャパンの活躍に大いに期待したいと思います。
"ヾ(゚▽゚*)>フレー!!フレー!!<(*゚▽゚)ツ"
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bluedragonkids.blog58.fc2.com/tb.php/92-1d84142b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。