碧龍倶楽部
長男『凌』の少年サッカー記録用ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空白のもたらす成長。。。
長男の凌が、オスグット病でサッカー禁止宣言を受けてから、1週間。
本日、凌が所属するチームの練習試合が自宅から車で20分程度の河川敷で行われました。

練習禁止の医師命令が出ておりますので、勿論試合には出られませんが観戦に行くと言うので、アタクシも次男(5歳)と3男(3歳)を連れて観戦へ行ってまいりました。
河川敷のグランドの周りには芝生のスペースがあり、非常に気持ちの良い場所です。
風は少々キツイのですが、伊丹空港を飛び経つ飛行機を間近に見る事ができますし、芝生のスペースには石で作られた小さなモニュメントなどもあり、チビ達には楽しい場所だったようです。

さて、肝心の試合ですが到着したした時には既に1試合目は終了しておりまして、後で聞いたところによりますと1対1で引き分けていたそうです。
2試合目は、結論から言いますと、3対0で勝利しました。
課題はまだまだ、沢山ありますが、少しづつとは言え確実にチームとしての体勢を整えて来つつある印象を受ける試合で御座いました。
中学生となり、まだ現段階では確実にレグラー入りするだろうと思われる数名の選手を除いて、熾烈なレギュラー争いの様相は継続されておりまして、その中で切磋琢磨しながら、それぞれの選手がそれぞれの思惑を胸に確実な成長を見せくれておりまして非常に楽しみな状況でございます。
凌はピッチサイドで試合を観戦しながら、切実な危機感に苛まれていた事だろうと思います。
試合に出られない焦燥感と、自分が休んでいる間に着実な成長を遂げる仲間でありライバルである選手達の活躍する姿に対する脅威などにでございます。
それは試合観戦から帰宅する途中の車の中で感想を聞いた時に、
試合に出たい…。ガーン
と、凌がポツリと呟いた台詞に総てが集約されているように感じました。

アタクシも経験がありますが、好きな事をしたくても出来ない期間に募る想いが、復帰を果たした後に良い結果をもたらす事がよくあります。
やりたくても出来ない期間にこれまで、辛くて嫌だった事も出来る事が嬉しくて、愉しめるようになるのであります。
アタクシは、今の凌にとって最も重要な事は、強い気持ちを持つ事だと思っています。
誰よりもサッカーが好きで、強く、上手くなりたい、そして絶対に負けたくないという強い気持ちです。
今回の凌の1ヶ月のサッカー禁止期間が、凌に強い気持ちをもたらし、コレまで嫌いだったり苦手だったりした事も含めてサッカーの総てを愉しめる。
そのような良い影響をもたらしてくれる事を、アタクシは期待しているのであります。

それはそうと、非常に嬉しいニュースがありました。
一旦、チームを去ったクワちゃんでしたが、チームに帰ってきてくれましたぁ~♪
正確なパスと七色のフリーキックを持つクワちゃんの復帰で、多彩な攻撃や守備の形を考えられますし、チームとしての成長がコレまで以上に加速される事は間違いないでしょう。
今日の試合は、足の痛みを訴え、凌と、これまた足首を負傷してる菅くんの3人で観戦組として試合には出場していなかったので、クワちゃんの七色のフリーキックを見る機会はお預けとなりましたが、これで観戦に行く楽しみが増えた事は間違いありません。

お帰りクワちゃん。ミヲ
また、凌の試験直前に勉強クイズを出してあげてください。気持ちわる~い・・・

おわり。。。
スポンサーサイト

テーマ:少年サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bluedragonkids.blog58.fc2.com/tb.php/91-d0ed5efe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。