碧龍倶楽部
長男『凌』の少年サッカー記録用ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関西の強豪たち! PartⅡ
関西大会出場を決めた各地のライバルチームには、果たしてどんなチームがいるのか、気になるところでございますが、前回の大阪府に引き続き、奈良県から関西大会へ出場を決めたチームを調べて参りました。
『奈良YMCA』のホームページを拝見すると、昨年の関西大会制覇の文字が…。
奈良県の少年サッカーのレベルの高さを窺い知る事ができます。


奈良県
・第28回奈良県小学生サッカー大会

優勝  ;『高田A

第1試合 Vs奈良伏見A     5対1
第2試合 Vs三笠A        2対0
第3試合 Vs高田B        5対1
第4試合 Vs桜ヶ丘        8対0
第5試合 Vs河合         0対0(PK;9対8)
準決勝  Vsスクテッド      3対1
決勝戦  Vsアスベガス生駒   3対2


準優勝 ;『アスぺガス生駒

第1試合 シードの為、試合なし
第2試合 Vs城島         14対0
第3試合 Vs天理         4対1
第4試合 Vs奈良セレソン    0対0(PK;5対4)
第5試合 Vs俵口ファルコンA  5対3
準決勝  Vs奈良YMCA     2対1
決勝戦  Vs高田A        2対3


第3位 ;『奈良YMCA

第1試合 VsソレステレージャA  3対0
第2試合 Vs川西          8対0
第3試合 VsボルベニルA     1対1(PK;6対5)
第4試合 Vs六条          2対1
第5試合 Vs田原本A        6対1
準決勝 Vsアスベガス生駒    1対2


第3位 ;『スクデッド』

第1試合 シードの為、試合なし
第2試合 Vs真美ヶ丘       6対0
第3試合 Vs安?          11対1
第4試合 Vs真弓          4対1
第5試合 Vs辰市          3対0
準決勝  Vs高田A         1対3
*『スクデッド』のホームページを見つけられませんでした。 
 スイマセン。 ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

各チームのホームページを拝見していると、『高田FC』と、先日掲載した大阪府の出場チームのなかの『高槻QUEEN』は、本日から韓国遠征の文字が…。
か、韓国って。。。
凄すぎます。
そう言えば、今年の清水カップで優勝したのが、韓国の選抜チーム『イリドン』だったし、先日行われた『日本代表U-21』の対戦相手も韓国で、この世代では負け越しているばかりか、一度も勝っていないそうで、サッカーでは、韓国のほうが一歩リードしているような気がするのでございます。
その韓国への遠征とは、羨ましいと思う反面、親は《¥》が大変そうでございます。
そういえば、奈良YMCAとは、4年生か5年生の時に一度、試合に呼んでいただき対戦した事がありました。
先日も、南吹田の国立循環器病センターの隣の高校で行われた試合に来られていました。
試合中に、コーチが「一人しか来ていないから、大丈夫っ! 慌てるな、落ち着いてっ!」と、叫んでおられたのが印象的でした。
1対1に絶対の自信がなければ出てこない台詞だと、かように思う次第でございます。

そして本日、大阪府のベスト4の試合がありましたので、その結果をご報告します。

優勝 ; 和泉市FC
準優勝; 大阪セントラルFC
第3位 ; AVANTI KANSAI FC
第4位 ; 高槻QUEEN

以上のような結果になったようでございます。

スポンサーサイト

テーマ:少年サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bluedragonkids.blog58.fc2.com/tb.php/47-0a9b3ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
国立循環器病センター国立循環器病センター(こくりつじゅんかんきびょうセンター、National Cardiovascular Center)とは、 厚生労働省直轄の施設等機関で、6つの国立高度専門医療センターの一つ。厚生労働省組織令第150条に基づいて設置され、循環器病
2007/03/03(土) 09:26:51 | まいの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。