碧龍倶楽部
長男『凌』の少年サッカー記録用ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イエメン戦を前に…
サッカー日本代表の、イエメン戦を前にオシム監督のインタビューの記事があったので、見ていると興味深い話があったので、紹介したいと思います。
~以下、記事より抜粋~

■「ピッチで指示を待ち続けていたら、試合には負けてしまう」

◇今日は数的優位を作る練習を多くやっていたが、日本の選手が数的優位を作る瞬間の判断力というものは低いと思うか?

□質問の翻訳が正しくないようだ。問題は、日本人が早く判断する能力を持っているかどうかではなくて、早く自分で考えることが一般社会で許されているのかどうか、だ。そういう習慣があるのだろうか。どうなのだろう、逆に聞いてみたいのだが?

◇一般的には教えられて育つことが多いので、自分で判断して行動を起こすことに慣れていないと思う
 
□残念ながらサッカーとはそういうものではない。ピッチで指示を待ち続けていたら、試合には負けてしまう。私が何を言うか待っているような選手はいらない。サッカーは自分でプレーするスポーツである。対戦相手に「待ってくれ」と言ってタイムアウトを取って、監督の指示を仰いだり、ピンチヒッターやピンチランナーを投入して局面を変えるようなことはできないスポーツだ。だからサッカーは自分で判断しなければならない。私からはなるべく多くの情報を選手たちに与えている。選手たちはその情報を元に、プレーしながら考える。サッカーは非常にクリエーティブなスポーツである。だから、アイデアのない選手は、サッカーには向いていないのだと申し上げておきたい。

如何でしょうか…?
日本人は農耕民族の末裔なので、予め決められた(決まっている)事を忠実に実行するのは得意ですが、狩猟民族のように、自分で考え、行動し責任を取るという姿勢でモノゴトに関わる事は苦手なのではないのでしょうか…?
これは、良い悪いの問題ではなく、客観的に見れば結論として、そうなると言う事です。
勿論、そうでない日本人も沢山いるし、その逆もまた然りでしょうが、全体的な比率でみれば、歴史的にも結果は歴然としているのは無いのでしょうか…?

自由で情熱的で楽観的な国民性のブラジルなど、南米の国々がサッカーの強豪国である事も、殆どが狩猟民族の末裔であるアフリカ勢がワールドカップで、度々サプライズを巻き起こすのも納得できる話です。

ワタクシは、学歴も手に職も、知識もない男ですが、子供を、『自分で決めて、自分でやって、自分で責任を取る』事が出来る人間に育てている(背中を見せるように心掛けている)つもりです。(結果は伴っておらず、試行錯誤の毎日ですが…)
それが、正しいのか、間違っているのか、わかりませんが、人のせいにして、一生懸命、責任逃れをするような人間にはなって欲しくないと思っています。
凌がサッカーと出会い、勝つ為ではなく、自由な発想を重視したサッカーを通じて、将来プロ選手になれる子供を育てる事を目的としたチームに巡り会え、とてもラッキーだと思います。

例え、プロサッカー選手の夢は叶わなくても、サッカーを通じて学んだ事を活かして、豊富なアイデアの中から、最適な手段を選択し、失敗を恐れず、勇敢に実行し、如何なる結果であっても堂々と責任を取り、可能性があれば、何度でもチャレンジする事ができる人間に育ってくれる事を親として、強く望みます。

そして今、オシム監督が求めている選手は、きっとそういう選手であり、将来日本がワールドカップで優勝するという悲願を達成する為には、そういう少年が一人でも多く育つ事が大切なのでは、ないでしょうか…?
ひょっとするとワタクシも、微力ながら将来の日本サッカー会に、貢献しているのかも知れません。。。(苦笑)
拍手喝采!(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!

最後に、明日の試合で田中達也が、1アシスト、1ゴール以上の活躍をする事を、この場をお借りして予言しておきます♪
¥100ぐらいなら賭けてもいいですよっ♪
(゚∇^d) グッ!!


*スポンサーサイトもご覧下さい。



スポンサーサイト

テーマ:少年サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bluedragonkids.blog58.fc2.com/tb.php/22-8aca3dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。