碧龍倶楽部
長男『凌』の少年サッカー記録用ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未観戦の為、結果のみ。。。
【第1試合】 Vs三樹平田B 得点不明 ○

■本日は未観戦の為、凌の話を元にしておりますので、間違いなどございましたらご指摘頂ければ幸いでございます。(ワタクシが観戦していたからと言って確実な訳ではございませんが…)
凌の話によると、前半はディフェンスで出場し、後半はフォワードでの出場だったそうです。
この試合で1アシストしたと自己申告しておりました。
しかし、試合結果は分からないらしく(無失点だったそうなのですが…)、情けない限りでございます。
┐(-。ー;)┌ヤレヤレ


【第2試合】 Vs三樹平田A 2-2 △

■全後半共に出場したそうですが、感想を聞いても特に何もなかったと答えるだけで、暖簾に腕押しのような状況であります。
しかし、この試合での失点の内、2失点目は凌の足がもう少し長ければ防げていた失点だそうで、こればかりは親の責任でございます。
申し訳ございません。
ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ



【第3試合】 Vs白鳥    9-0 ○

■この試合は、前半フォワードで出場し、後半はベンチに下がったそうでございますが、1ゴール1アシストで少しは貢献できたようでございますが、果たして真相は如何なものか…?
それでも、久しぶりのゴールで本人は気をよくしておりますので、まぁいっかぁ~っ♪



【第4試合】 Vs三樹平田A 3-0 ○

■この試合は前半はベンチで、後半にディフェンスで出場。
無失点でゲームを終えることができたようで、結果を聞いてホッとしております。

本日は、選抜の試合とブッキングしていたそうで、ヒロセクン・ユウサククン・ユウトクン・リュウセイクンの4人を欠いての試合だったそうです。
コーチは、本日の練習試合と明日の大阪での試合は、子供達にポジションその他、すべて自分たちで決めてやるように言い渡したそうで、子供達は自分のやりたいポジションを自己申告して、それを調整しポジションを決め、ハーフタイム以外の選手交代はなしでの試合だったようです。
何にせよ、ウィニングイレブンなどのゲームではなく、実際の自分達の試合で、ポジション決めや交代する選手などを決める経験は、良い勉強になったのではないでしょうか?
凌だけの事を言えば、そうでもなさそうではありますが…。

北摂大会の間の練習試合やミニカップで、良い状態を作ると言う意味では、順調と言えるのではないかと、未観戦ながら結果を聞いている限り感じる次第ではございます。


さて話は変わりますが、ワタクシの早朝ジョギングも順調に継続されておりまして、月曜日から初めて、雨が降った火曜日を除き無事に続いております。
しかし、体重も体脂肪率も全く変化がなく、連日早朝から玉のような汗を大量に流している成果が一向に現れず少々凹み気味ではありますが、『継続は力なり』とは誰が言ったのかは知りませんが、継続していけるように頑張りたいと思います。
ちなみに、月曜日は早朝からコッソリとワタクシのPSⅡで遊ぼうと目論んでいたものの、即座に阻止された龍帝が飛び入り参加し、木曜日からは密かにダイエットを目論むシタタカな妻も一緒に早朝ジョギングに取り組んでおります。

何処へ行っても、「ボクサーですか?」と聞かれた、あの頃のスリムでスレンダーでチョッピリセクシーな肉体を取り戻す為の闘いは始まったばかり、3日遅れの筋肉痛に負ける事無く頑張るぞっ!
※o(▽ ̄*)ノフレー※\(* ̄▽ ̄*)/※フレーヽ(* ̄▽)o※


スポンサーサイト

テーマ:少年サッカー - ジャンル:スポーツ

第39回 兵庫県少年サッカー大会北摂大会
秋晴れ

まさにそんな言葉がピッタリとくるような天候に恵まれた10月9日(祝)。
猪名川町スポーツグランドにて「第39回 兵庫県少年サッカー大会北摂大会』の予選リーグが執り行われました。
宝塚地区・伊丹地区・川西猪名川地区の各市内大会を勝ち上がってきた上位4チームが、各3チームづつ4つのグループで、決勝トーナメント出場を目指して試合を行いました。(D組のみ運動会の日程と重なったチームがあるために別日程)

第1試合が午前10時キックオフという比較的ゆっくりな時間に始まるありがたいスケジュールの中、それでも到着した時には、ジュニアの試合が今まさに始まろうするギリギリのタイミングでございました。
┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

本日、初お披露目の純白の新ユニフォームに身を包んだ選手達が、グランドの中央で対戦相手と向き合い整列していますが、背番号が変更になっている上に、見慣れない白色のユニフォームの為に、体格が立派に映り、誰が誰だか遠目には容易に確認が取れません。。。
チビの凌ですら、そこそこ大きく見えて、見分けがつかないほどです。
新ユニフォームは、見た目だけでも(遠目限定ですが…)、多少強そうに見えていいんじゃないでしょうか?

第39回 兵庫県少年サッカー大会北摂大会 予選リーグB組

第1試合 【荻野SC Vs 加茂西】 0対0 

ジュニアの試合に先立ち、午前11時より行われたこの試合は、共に得点ナシのドローとなり、共に勝ち点1を分け合う結果となりました。


第2試合 【宝塚JrFC Vs 荻野SC】 4対0 ○

前後半、共に2得点を挙げて快勝。
前試合で、荻野SCと加茂西が引き分けているために、この勝利を持って決勝トーナメントへの出場権を手にしました。
しかし…。
これまで、左サイドバックで、ポジションがほぼ固定されていた凌は、先日の練習試合に引き続き左ウィングでの出場。
永らくオフェンスをしていないせい(?)で、全く仕事が出来ていません。
(≧▼≦;)アチャ

攻めるのか守るのか? 見ているコチラも何がしたいのか全く理解できないポジショニングの為に、攻めきれず、守りきれず実に中途半端なパフォーマンスで、観戦をしながら極度のストレスがワタクシを苛みます。
勿論、ポジショニングが中途半端なために、パスなどもらえる筈もなく、ただグランドに立っているだけ…。
実質10人対11人の試合と言っても過言ではありませんっ!
それでも何とか、前半一杯は出場させて貰いましたが、当然に後半は交代させられます。
それでも、試合は完勝できたので、責任をとって腹を切る(切りませんっ!)必要がなくなりホッとしました。


第3試合 【宝塚JrFC Vs 加茂西】 1対0 ○

第2試合に引き続き、この試合でも凌は左ウィングでの出場。
足が速いことだけが取り柄だった凌が、走れない。。。
ボールに追いつかない。
見ていても速くない。。。
どうなってんだっ?
( ̄へ ̄|||) ウーム

その上、相変わらず、不細工なポジショニングをとっている為に、他の選手達は左サイド(凌)にパスを出せない。
仕方なく、真ん中や右サイドにパスを出すものの、そちらには相手選手がうごめいている為に、敢え無くパスカットされ、攻守が入れ替わる場面が多々ありました。
こうなると、仕事が出来ないばかりか、チームの足を引っ張る事に…。
<( ´ ⌒`)ゞマイッタナァ・・・

結局、全く良い所ナシのまま、後半は交代でベンチへ。。。

試合は、後半から出場した5年生の久保君のゴールで、勝利しましたが、凌はこのままでは出場機会が無くなる可能性が大っ!
ピンチなのであります。

加茂西の選手達の通う、川西の加茂小学校は小学2年の1学期まで凌が通っていた小学校で、加茂西の選手達の中には、その頃の友達も沢山います。
きっと、彼等も今の凌を見てガッカリしていた事でしょう。

しかぁ~~~~~しっΣ☆o( ̄‥ ̄)ドンッ!!

チームは見事に2勝を挙げ、文句なしで決勝トーナメント出場を決め、関西大会本戦出場を目指して、まずは北摂大会を制し、県大会への出場権を掴み取る為に、次回11月4日に開催される北摂大会決勝トーナメントへ挑みます。

この度の、凌の不甲斐ない結果の原因は明らかで、自分が仕事をしなければいけないと言う、意識の欠如に他なりません。
自分がやらなくても、周りの選手がやってくれる。
また、彼等のほうが上手いので、彼等に任せた方が正確だと思っている節が見受けられます。
確かに、チームメイト達と凌の間には歴然としたレベルの差が明確にありますが、与えられたポジションで自分のやらなければならない事に全力で取り組む姿勢が大切なのであります。

ディフェンスにポジションチェンジしてからずっと、オフェンスへの復帰を目標に今日まで頑張ってきた筈なのに、不甲斐ない結果に終始したこの試合で、本人が少しは進化するために変化する努力を始めてくれる事を望のですが…。

決勝トーナメントまで、1ヶ月弱。
その短い期間に最も必要な事は、自分がチームの為にやらなければいけないんだっ!と、責任感を持つ為の意識改革。
そしてワタクシに出来る事は、その背中を押す為に、自らが走り出す事。
と、言うわけで約10日間の早起き訓練期間を終了し、本日より早朝ジョギングを開始しました。
永年、労わり続け、甘やかしてきたボディに溜りに溜まった脂肪を追い出し、遠い過去に置き忘れてきた筋肉を取り戻す為に、お父さんは走ります。
毎日っ!
早起きしてっ!
1時間っ!



多分…。

雨降り以外は…。


(* ̄o ̄)ゝオーイ!! 

テーマ:少年サッカー - ジャンル:スポーツ

練習試合欠席◇(≧▼≦;)アチャ
味覚の秋。

行楽の秋。

そして、スポーツ秋。

と、言うわけで、熱い熱い夏が終わり、ロマンチックでセンチメンタルな季節がやってまいりました。

この季節、各地では様々なイベントが開催されますが、その代表と言えば、やはり運動会なのでは無いでしょうか?

凌の通う小学校でも去る9月30日(土)に運動会が開催され、テニスの練習試合に出かけた美咲以外の家族全員で応援に行ってまりました。

天候にも恵まれ、小学生最後の運動会はそつなく執り行われ、無事終了したのですが…。

この日は、チームの練習試合が予定されており、同じ学校に通うチームメイトの「ユウサク君」と凌は、練習試合を欠席。。。
小学生最後の運動会を目一杯頑張ろうと言う気持ちと、練習試合とは言え、試合を欠席する事に対する罪悪感が、激しい葛藤を繰り広げていたようです。
レギュラーポジションの堅持が、微妙なこの時期に試合を欠席すると言う事が、いくら学校行事のためとは言え、凌を不安にさせるのでしょう。

そして、この運動会の最終競技、6年生によるリレーでアンカーとして出場した凌がデットヒートの末、抜かれてしまった場面を見て、ある事が頭をよぎりました。
親バカと呼ばれることを恐れずに言いますと、凌は決して運動能力が低くはない少年だと思っているのですが、能力を発揮する為の体力や精神力、そしてアイデアが伴っていないのでは無いかと…。
( ̄‥ ̄;) マ、マズイ・・

言うならば、運転免許証は持っているのに、車を持ってない状態なのではないかと、思う次第なのでございます。

運転免許証を持っていると言う事は、車を運転する能力があるにも関わらず、車を持っていない為にその能力を発揮する事が出来ない訳で、更に運転をしていなければ自ずと能力は低下していくのでございまして、悪循環に他ならないのであります。

脳から、右足を上げて前に出し、右足が地面に着地する直前に左足で地面を蹴って、飛ぶように走れとの指令が出ても、肝心の左右の足に命令を忠実にこなすだけの筋力が無い。。。

更にデットヒートを繰り広げている選手のほうが、100メートル走のタイムが若干早いことで、自分の能力の方が劣っているからとの精神力の弱さが、諦めを生み。。。

チャレンジして失敗する事を恐れ、怒られないようにしようとか、失敗しないようにしようとする意識が、自由な発想やアイデアを封じ込めてしまう事によって、自分が勝利すると言う良いイメージが持てない。。。

成長期にあり、それぞれの成長のスピードや伸びる部分の相違は当然ではありますが、その間に凌の脳裏に刻み込まれる、己の能力の限界や他者との比較によって自らの力を勝手にランク付けして諦めてしまう事に危機感を覚えました。

問題解決の為に何をすればいいのか…?

結論には至っておりませんが、基本的に子供達に「やれっ!」とめいれいするのではなく、自らがやっている姿を見せて、子供達が自ら行動する事が望ましいと考えていますので、まずはワタクシが、アクションを起こさなければと…。

と、言う事で早朝ジョギングを始める事に決定し、現在その為の早起きの訓練中でございます。
ジョギングをする余裕を、朝の忙しない時間に作り出す事は、朝寝♪朝酒☆朝湯♪が大好きなワタクシにとっては、非常に困難且つ苦痛以外の何ものでもございませんが、ダメ親父のワタクシとしましては、こんな不良親父の子供として生を受けた不幸な子供達の為にしてやれるせめてもの償いとして、長年にわたって、ビールやビール及びビールでポッコリ膨らんだ可愛いお腹の、縦割れ&横割れ化の為にも、此処は一番、頑張りどころなのでは無いかと…。

かように思う次第でございます。

はてさて、ダメ親父の無謀な挑戦は、吉と出るか凶と出るか?
動きがありましたら、またこの場で発表させて頂きたいと思います。
p( `o´ )q オッス!



テーマ:少年サッカー - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。